*

セミナー企画をお探しの方へ

私は、たぶん同業者に怒られるだろう

私のセミナーには、大きな欠点がある。
それは「わかりやすさそのもの」だということ。
わかりやすいために、一回聞いただけですぐに理解できてしまうのです。
ちょっと聞いただけで、ノウハウやメソッドが自然に頭に入ってきます。
そのため、専門家に頼むことなく自分で実践できるようになってしまうのです。
だから私は他の同業者から怒られることになるのです。「これじゃ、商売あがったりだ!」と。

☆経営者向け「人事マネジメントセミナー」開催をお考えの皆様へ

私が行うセミナーは、実際の現場で行われた「仮説と検証」に基づく成功事例が豊富なのが特徴で、極めて実用的なノウハウが中心となっています。
そのため参加者は、聞いたその日から試したくなってなってウズウズする衝動にかられてしまうのです。
セミナーでは、業種・業界を問わず通用する「共通言語」としての『社長の本音就業規則』を通じたマネジメントの解説をはじめとした、オーナー社長率いる会社に必要不可欠な、確かな人事マネジメントモデルを多数用意しています。

従業員教育に悩む社長に、根本的な癒しと強力なモチベーションを提供することを約束します。
それは… まるで魔法のように、頭の中に「希望のシナリオ」が刻み込まれ、真新しいスポンジが水を吸収していくような、不思議な感触を掴むことになるでしょう。

エポック・メーカーによる、他には類を見ない斬新な切り口から「わかりやすさそのもの」と大好評のセミナーをぜひご活用ください。
セミナー運営会社様の企画はもちろん、企業研修も予算に応じて積極的に出向いております。
お申し込み、お問い合わせは、今すぐ下欄のお問い合わせタブからどうぞ。

 

☆一番人気セミナー!「就業規則作成セミナー」

『社長の本音就業規則』をベースに人事マネジメントを再構築する

いっときの喉の渇きを潤す清涼飲料水のような、瞬間的にモチベーションを高めるだけのセミナーではありません。
上っ面だけポジティブになれるセミナーでは満足できなくなった経営者に、人事マネジメントに対する「思考クオリティ」そのものを高めることを可能にするのが、真部賀津郎が行うセミナーの真骨頂です。
オーナー社長としての影響力、そして求心力を取り戻し、強いリーダーとして飛躍するための確固たる基盤を築く戦略を構築します。
具体的には「法律に会社を合わせる」のではなく「会社に法律を合わせる」を突破口に、人事マネジメントをこじ開ける仕掛けを、“わかりやすさそのもの” の手法で就業規則の条文の中に組み込むノウハウをお伝えします。
就業規則を通じ、「従業員を新たなステージへと高め、自社のレベルをバージョンアップさせたい!」
そうお考えになる経営者であれば、必ずお役に立てるはずです。
参加者全員に、一時的ではない確固たる強いモチベーションを持ち帰って頂きます。
お申し込み、お問い合わせは、今すぐ下欄のお問い合わせタブからどうぞ。

[従業員向け研修]

思考のクオリティを高めるのは、社長だけでいいのか?

「人間は、論理的に判断するから、理屈が通れば行動する」。
そう専門家は信じて、論理を築き、理屈で説得しようと試みます。
しかし、残念ながら、人間は理屈では行動できないのです。
まず皮膚感覚レベルの感情で行動を決定し、その後、理屈で正当化していくのです。
つまり、「この仕事がしたい」という感情が先に立って、その感情を正当化するための理由が理屈なのです。
この順番を間違えると、致命的となります。
従業員が「会社のために働こう」という感情が起こる前に、理屈で説得を試みようとすると、   とたんに不労心理が働き、できるだけ会社のために働かなくなるのです。
ですので、従業員に対しても思考クオリティを刺激し、高めることが急務となるのです。

具体的にどうやって、従業員の思考クオリティを高めるのか?

従業員は、「会社だけが儲けて、自分達はどんなに働いても何も変わらない」と思っています。
そうではなく、自分たちも得をする働き方が存在することをお伝えします。
「従業員が得をすると困る」って?
そうではありません。
従業員が自ら肉体改善に取り組むことによって、会社はコストをかけずに収益を伸ばせるのです。
具体的には、目の前にある自分の仕事が、磨けば将来『高くつく商材』に化ける可能性を秘めていることをアナウンスし、「自己利益の確保」に走ってもらうのです。
当然、スキルアップした従業員の成果物は、会社に多大な利益をもたらすことになるのです。
要するに、会社には、そこらじゅう『宝くじの当たり券』が落ちていて、それを拾いあげることによって「お先真っ暗だった将来」がパッと明るくなることをお伝えするのです。
人間は、どんなに教育や資源を投入し支援を試みたとしても、「自分の利益にならないこと」には興味を持たない習性があります。
人間の潜在的能力が爆発的に開花する瞬間があるとすれば、それは「好きなことに没頭している」時だけです。
日常の仕事の中に「価値あるもの」を見出し、それを磨き上げることによって「替えの利かない、高くつく自分」になれる気付きを与えることが急務となります。
それにより、現在の指示されたことしか行わない「単純再生産的な働き方」から「拡大再生産方式」へと思考クオリティを高めることを可能にします。

[従業員向け研修の一例]

『上りのエスカレーターに乗る』働き方

仕事をノルマとの戦いと考えると、ノルマ達成のために毎日全力で走り続けることを余儀なくされます。
走る速度を緩めたとたん業績は落ちてしまう。そこでまた全力で走り出して業績をあげることを繰り返すうちに、心も体もボロボロになってスピンアウトしまう……
これを『下りのエスカレーターを逆走する』働き方と、私は呼んでいます。
つまり、走ることをやめたとたんに、下流へと流されてしまう過酷な働き方です。

そこを突破するのが、「高くつく自分」を育てるワーキング戦略を築きあげることです。
今の時代、何が高く売れるか想像もできません。
こんなもの売れるはずがないと言われたものに限って高く売れる時代です。
日常の小さな経験を積み立てて、一気に売りに出す戦略をお伝えします。
これを「上りのエスカレーターに乗る働き方」と呼んでいます。
走り続けなくても、勝手に収入が上昇するモデルを築きます。
もはやどんな状況に置かれても、目の前にあるもの全てが、宝くじの当たり券に見えてくるようになるはずです。

今まで行った主な人気セミナーのタイトル

【就業規則】 「0→1の行動を生み出す!就業規則作成ノウハウ」
【就業規則】 「就業規則で320万の損!身も凍る隣の会社の恐怖体験」
【労務管理】 「サービス残業問題 一発解消セミナー」
【労務管理】 「労働基準監督署の是正勧告 一発解消セミナー」
【社会保険】 「建設業における社会保険全加入時代の幕開け」
【社会保険】 「社会保険の仕組みをはじめから丁寧に」
【経営者研修】「従業員は会社のモルモットにされたくない」
【経営者研修】「人間の感情をベースに人事マネジメントを再構築する」
【社員教育】 「高くつく自分を作ってやる!」~毎日リセットする働き方に決別する方法~
【社員教育】 「君、ブラック社員になること勿れ」
~ブラック社員とゴールド社員は紙一重の差でしかない~

マナベ事務所では、マンガ付き就業規則の作成/就業規則アカデミーの提供/顧問契約に関するお問い合わせをお待ちしております。お気軽にお寄せ下さい。マンガ付き就業規則にご興味が湧いた方は、まずは書籍『すごい就業規則!──ダメな職場がよみがえる「社長の本音」ルールのつくり方』をご購入下さい。